ThePowerOfVoice’s diary

木村匡也(きょうや)のブログ・主にテレビに映ってない部分の話し

【追悼よのひかりさん】

【追悼よのひかりさん】

 

ナレーター、声優の
「よのひかり」さん
がお亡くなりに
なりました。
 
「よのさん」の
Facebookで、
ご家族の方の
書き込みを見て
知りました。
 
本当に驚きショックを
受けております。
 
 
 
ご家族の皆様の
悲しみを
思いますと
 
本当に…私などは
言葉がありません。
 
悲しいです。
 


【フリーランスという道】

 
とはいえ
「ただ残念です」
という言葉では
表現できない、
ある種の感情を
持っております。
 
 
 
恐らくこれは
同業者でもあり
同じ立場だった者
じゃないと分から
ないのでは?
と思い
 
 
一介のナレーターが
大変恐縮ですが、
一言申し上げさせて
頂きたいと思います。
 
 
 
日本中の皆さん、
そしてよのひかりさん
の声のファンだった皆様
 
憶えておいて
もらいたいことが
あるのです。
 
 
 
それは、
 
 
 
よのさんが
【フリーランス】
で活躍していた
ということです。
 
 
 
 
 
 
事務所に所属せず
フリー
一本立ち
していた
ということです。
 
 
フリーで生きていく
ということは、
 
この世界においても
非常に厳しい立場
生きていくことを
意味します。
 
 
 
 
そして「声」業界では
ナレーターも声優も
女性の数が多いです。
 
 
そういう意味では、
我々男性声より
競争はさらにシビア
だったはずです。
 
 
 
 

【高度な技術と営業力】

 
しかし
よのひかりさんは
ディスアドバンテージを
跳ね返して
 
「グッディ」などの
レギュラーを
ゲットして
いたのです。
 
 
ゴールデン番組にも
進出していたのです。
 
 
これから絶対に
もっと増えていったと
思います。
 
 
本当にこれからの人でした
 
 
 
 
よのさんは、事務所に所属
されていた時期もあったと
聞いております。
 
 
でも事務所にいても
仕事が来ない声優
やナレーターは
 
ゴマンといるのです。
 
 
 
だからイヤだけど、
なりたくないけど、
怖いけど、
このまま事務所にいても、
もうどうなるのか分か
らなくなって、
 
 
 
清水の舞台から
飛び降りる覚悟で
フリーになるのです。
 
 
もちろんフリーになったら
状況はさらに悪くなります
 
保証も何もありません。
失業保険もありません。
 
 
 
震えるほど怖い世界です。
 
 
彼女はその世界で
戦っていたのです
 
 
 

【努力家+七色の声】

 
それでも彼女は、
 あちこちのワークショップに参加し、
 
技術を磨き、
 
必死に
ボイスサンプルを作り
 
かなりのお金をかけて
ホームページを作り
 
 
自分をセールス
したのです。
 
 
 
そのご褒美が、
 
 
ようやく決まった
レギュラー番組
だったのです。
 
 
 
 
 
お願いです。
彼女のホームページに
アクセスして
 
ボイス・サンプルを
聞いてみて下さい。
 
ものすごくうまいですから
 
 
いろんなキャラの
声を演じ分けていますから
 
 
彼女の最高の魅力だった
アダルトな低音の
女性ボイスも
 
ふんだんに
散りばめられて
いますから。
 
 
モノマネも
すごい上手ですから。
 
 
ご苦労もいっぱい
あったことでしょう。
 
 でも涙を見せずに
頑張っていたのです。
 
 
このボイスサンプルと
不屈の営業力で、
彼女はレギュラーを
勝ち取ったのです。
 
 
やっと、、、
レギュラーが増えて、
これからだったんですよ。
 
 
 
 
なのに
なんで
こんなに早く
天国にお呼び
したんですか?
 
 
 
神様、
ひでぇーじゃないですか
 
 
 
よのさんは
ナレーターとして
本当にこれからでした
 
故来宮良子先生
杉本るみ姐くらいの
大御所ナレーターに
なれる逸材でした。
 
 
 
今、ヤフーニュース
アクセスランキング
(エンタメ)で
1位と2位が
よのひかりさんの
ニュースです。
 
 
生きているときに
こうなるべき人でした
 
 
 
 
 
重ねてお願いです。
 
 
よのひかりさんのHPを開いてボイスサンプルを聞いてみて下さい。
 
本当に、
本当に、
お上手なのが
 
お判りいただけると
思います。
 
 
ここまでの偉業を
彼女は一人で、
フリーランスで
成し遂げたのです。
 
 
 
もし私がそう言えば彼女は
 
「いえ、みなさんの
ご協力のおかげで
レギュラーをゲット
できました」
 
というはずです。
 
 
 
 
違います。
 
 
よのさんが
凄かったから
ここまでできたのです。
 
 

【よのひかり:世の光】

 
ご苦労もいっぱい
あったはずです。
 
でも私たちの前では
あの素敵な
笑顔しか
見せませんでした。
 
 
 
 
どうか皆様、
よのひかりさんは
「フリーランス」
でここまで登り詰め
 
 
夢を実現した人だった
ということを、
 
ご記憶の中にとどめて
いただければ幸いです。
 
 
 
 
 
 
そして
よのさんの残した足跡は、
 
 
「まだ今からでも
声で生きていけるだろうか?」
 
悩んでいるあなたに
必ずやひかりを投げ
かけると思います。
 
 
 
 
厳しい世界ですが
 
 
実際に、
一人でここまでやった
女性フリーナレーター
がいたのですから。
 
 
 
 
 
 
こんなことを
家族でもないお前が
いうんじゃないと
怒られそうですが、
 
我々フリーじゃないと
この感情は理解して
もらえないと思います。
 
 
 
お叱りを覚悟で、
差し出がましくも
一言申し上げさせて
いただきました。
 
 
 
 
 
よのひかりさんは、
スゴいナレーターです。
 
 
是非ボイスサンプルを
聞いて下さいませ。
 
 
 
 
 

f:id:ThePowerOfVoices:20201121052136j:plain

 
木村匡也